カウンセリングは初回無料

【うさぎの耳】のデリバリーカウンセリングは いつでもどこでも、をめざしています。

□初回面談は60分無料です。
まず、ご家族の現状をうかがいます。そして、今あなたが一番苦しいことは何かを教えて下さい。


□ご予約可能時間:
平日10時〜18時を原則としておりますが、土日祝日、夜間をご希望も承れます。(お申込メールにてご相談ください。)


□面談場所:

ご自宅・お近くのカフェなど、ご希望に応じてうかがいます。プライバシーを守れる場所をご希望の場合、ご相談下さい。

(都内は交通費として一律1,000円頂戴します。他府県に関しましては実費精算させていただきます)


2回目以降はSkypeでの面談も可能です。


■どんな人が来るの?→ウサギの耳とは

■相談の間、子どもはどうしよう?→シッターサービスがあります

カウンセリングはどんなふうに進んでいくか

■ママのためのデリバリーカウンセリング■ 


生きづらさを抱えた子どもの応援者であるにはママの心がいつも調っていることが重要なります。そのための、伴走者としてウサギの耳があります。


初回【無料】 

現状をうかがいます。ご家族全員の状況を教えて下さい。今、あなたが一番苦しいことはなんですか。お子さんのこと、ご自分のこと、ゆっくり見つめ直してみましょう。


第2回目以降
 こどもの応援者でなければならないママのココロを整えるお手伝いをいたします。そこが何より大事で、結局はすべての解決方法だったりしますから。
 前回から変わったところ、変わらないところを教えて下さい(お子さんも、親御さんも)。もっとどうなったらイイと思うのか、なぜそう思うのか。状況によってはお子さん自身からお話も伺います。

 心の調子を整えていくことで、あれはいったいなんだったの?!というくらいに問題が収束してしまうこともあります。その一方で、やはり何か具体的に動いていかなければいけない事態にもなります。

 

こんなことも考えていきましょう

・お子さんにはどんなフリースクールが適切なのか

・発達障害かどうかを検査してもらうどんな機関に行けばいいのか

・担任の先生にどうも旨く状況を伝えられないがどうしたらいいか

・不登校生のためにどんな制度や居場所があるのか調査したい

・この子には学校以外のどんな道が適しているのかを探したい

・進路(受験・就職)はどうなっていくのか



 親御さんを焦らせるのは刻一刻と過ぎ去る「学校のカレンダー」です。夏休みになってしまう、中間テストになってしまう、受験の準備を始めなくては…etc. 話すことでお母さん自身のその「焦り」や「不安」を薄めましょう。そうしたら、お子さんのために何をどうしたら良いのか、自分はどうあるべきかは、からんだ糸がほぐれるように見えてきます。


 個人差はありますが、見守ることのコツをつかんで、お子さんと自分のココロの変化をみつめる1タームは最低3ヶ月くらいとお考え下さい。



初回は無料(60分)です!!

☆都度払制 2回目以降 90分 10,000円

☆回数券制 

○5回券  45,000円 

   90分 × 5回分 (@9,000円/回)

   お申込みから5ヶ月を期限とします

○10回券  85,000円 

   90分×10分(@8,500円/回)

   お申込みから10ヶ月を期限とします   

 

☆うさぎの耳会員制

 子どもが学校に戻った、新しい進路を見つけたとみえても、お母さんが生きづらさを抱えた子どもさんの応援団長であり続けることにはかわりありません。家族の幸せを保ちつづけるためにも、ご自身のメンタルコンディションキープが必要です。

 うさぎの耳でのカウンセリングを5回以上ご体験の方に限り、会員制度をご利用いただけます。


うさぎの耳会員 年会費   100,000円 (60分×18回)



■option■ ママがお話ししている間、シッターサービスをご利用いただけます。カウンセリングに行こうにも、学校に行かない子を家に置いては行けない、あるいは、子どもがそばにいては話しにくいこともありますね。不登校経験者の若者が遊びやおしゃべり勉強などのお相手をします。


料金: 90分 3,000円  (初回無料相談時は 60分2,000円)
 
ご料金のお支払い方法、キャンセルポリシーなどにつきましてはお申込みメールを頂戴した後に、ご案内させていただきます。

不登校生、発達障害児のママたちへ


不登校の子どもに対するカウンセリングはいろいろなところで用意されています。

学校だったり、教育センター的な機関だったり、病院だったり。子供のためにどうしたらいいか、何をしたらダメなのか、色々と相談に乗ってくれます。子供自身の話も聴こうとしてくれます。


でも…ほんとうにキモチを支えて欲しいのは、まず「ママ」なはずなんです。

誰か,あたしの話を聴いて!と思っていらっしゃいませんか。少なくとも、私はそうでした。苦しかったり不安だったりすることをわかって欲しい!

【うさぎの耳】代表しのはらよしみが、可能な限りいつでもどこにでもうかがいます。


不登校のきっかけは、いじめだったり、先生との相性だったり、集団の質だったり…それぞれです。100人100通り。
子どもを何とかしよう、先生に協力してもらおう、PTAの力を借りてみよう、助けを求めていろんなことやってきたのに、親の無力感ばかりがつのります。


教育相談やら、心理学の本やら、親を対象にしたセミナーやらでいわれるのは「こんなふうに接していませんか」「こんなこと言いませんでしたか」「わかってあげなくちゃいけません」…ああ、やっぱり自分が悪かったのか、と後悔や不安感が膨らみます。
テレビを見ていても、街をあるいていても、「毎日学校に通う」というフツーのことをフツーにできている皆さんばかりが目に入ります。なんだか、子どもにもママ自身にも劣等感を感じます。


とにかく、子どもを認めてあげましょう、って専門家のセンセーたちは言いますよね。もちろんです。

でも、まずはママがご自分を認めてあげて下さい。そこが変化の始まりです。だけど、これ、一人でやるのは難しいんです。お手伝いします。


不登校の子どもたちに、何をしてあげるべきで、何をするべきでないのか…一緒に考えましょう。ママが彼らの活躍のジェネラルマネージャーでいるために、それを支える存在になりたいと思います。



自宅に子どもを残して、遠くまでカウンセリングに通うのは難しいんです、というご事情はよくわかります。「うさぎの耳」のカウンセリング・コンサルティングはデリバリーサービスです。ご希望のお時間、場所にうかがいます。(2回目以降はSkypeでもOK)

さらに、ママがカウンセリングをお受けになっている間のキッズシッター、家庭教師も承れますのでご利用下さい。



どんなことをしてくれるの?の一部です。ご参考までに。→ブログ